【いぼ痔.com】〜腸の病気〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
iboji21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link




ここでは腸の病気について、ご紹介していきます。

腸では常に100種類以上、100兆個以上の腸内細菌が存在していて、重さにすると約1sほどになります。腸内細菌は、善玉菌と悪玉菌と日和見菌の3種類に分けられます。
善玉菌はその名の通り、体にとって善い影響を与える細菌達の総称です。乳酸菌やビフィズス菌などが有名です。善玉菌は腸内を酸性にし、侵入した病原体をやっつけたり免疫力を高めてくれます。悪玉菌は体にとって有害な影響を与える細菌達です。ブドウ球菌や大腸菌が有名です。悪玉菌は腸内をアルカリ性にし、腸内を腐敗し発がん性や毒性のある物質を作り出します。日和見菌とはどちらにも変化する細菌で、どちらかが優勢になるとその味方をするスネオ的な発想の細菌です。腸内ではこれらの細菌達が目まぐるしく活躍して、消化活動を助けています。

腸の病気には色々なものがあります。腸閉塞は腸が中で詰まった状態で、腸内で便やガスが溜まって腹痛や吐き気、時には死に至ることもある危険な病気です。腸捻転は腸閉塞の内の1つの形態のことで、腸が捻じれて腸閉塞と同じ状態です。
また大腸にイボが出来る大腸ポリープは、腫瘍型ポリープであればその後大腸がんに発展することもあるので注意が必要です。どの癌においても言えることですが、大腸がんは早期発見であれば完治することが出来る病気です。1年に1度でも十分ですから、身体のチェックを怠らないよう心掛けて下さい。


⇒ 消化器官の構造

⇒ 便秘と下痢について


sponsored link




【いぼ痔.com】TOP

copyright©2012  【いぼ痔.com】〜原因・症状・治し方〜  All Rights Reserved