【いぼ痔.com】〜痔とは〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
iboji21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link




ここでは痔について、詳しく説明していきます。

痔を持っている方を痔主と呼びますが、日本では痔主は成人で3人に1人は居ると言われています。昔から男性の方が多い病気と思われていますが、実は男女差はあまり無く女性の方でも痔主の方は大勢居らっしゃいます。特に女性の方は妊娠、出産を経験した後に痔になりやすい傾向にあるようです。

痔には3つのタイプがあります。いぼ痔、切れ痔、あな痔(痔ろう)の3つです。
いぼ痔は痔の中で最も症例が多いタイプです。血行不良によるものが大半で、肛門からもしくは肛門の周りに飛び出すような形でいぼが出来ます。
切れ痔は肛門の皮膚が切れたり破れたりして肛門が傷付いた状態です。慢性の便秘や下痢を繰り返していると起こりやすいです。
あな痔は肛門の周りに膿が溜まり、その膿が薄い皮膚を突き破って漏れ出している状態です。膿が出ているところに穴が開いていることからあな痔と呼ばれています。
これら3つのタイプの痔の詳細については、以降の各ページをご覧下さい。

痔は恥ずかしいという風潮や症状によっては日常生活に全く影響がないことから、医療機関で診てもらうことが敬遠されがちな病気です。確かに診察の際は、ほぼ間違いなく医師に見せることになるでしょうし、場合によっては触診もあるでしょう。ですが放っておいて良いことはありませんので、痔がひどい状況の時は必ず医師の診断を仰ぐようにして下さい。


⇒ いぼ痔とは

⇒ 切れ痔とは

⇒ 痔ろうとは


sponsored link




【いぼ痔.com】TOP

copyright©2012  【いぼ痔.com】〜原因・症状・治し方〜  All Rights Reserved