【いぼ痔.com】〜治し方について〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
iboji21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link




ここではいぼ痔の治し方について、詳しく説明していきます。

いぼ痔を治したいと思っていても、実際に行動に移せていない方は非常に多いです。
それには2つの原因があります。まず、いぼ痔は排便時や排便後にだけ痛みを伴うケースが多く、そのときに「治そう!」と思っても、すぐに頭から離れてしまって、また今度また今度と先延ばしにしてしまうのです。もう1つは、いぼ痔が恥ずかしいという風潮です。人に肛門を見せる行為が恥ずかしいので、どうしても病院に行きづらいのです。こうして、いぼ痔を持ったままある程度我慢して生活をしている方が多くなるというわけです。
しかし、いぼ痔は放っておいて良い病気ではありません。最悪の場合は死に至ることも可能性としては有り得るのです。早い段階で治療して、スッキリとした生活を送りましょう。

いぼ痔の治療は、実は生活習慣の改善や食生活の改善だけで治ることも珍しくありません。それに加えて軟膏タイプの塗り薬や肛門に直接入れ込む坐薬 、内服薬(飲み薬)などの治療薬、痛みが激しい場合には鎮痛薬を使用して治療していきます。
そして直接の原因として、肛門周辺の静脈がうっ血した状態を改善する必要があります。血行改善として、お尻を冷やさないのも立派な治療法となります。

重症化しているいぼ痔の治療としては、結紮切除法やPPH法やジオン注射療法といった外科的手術が行われます。結紮切除法は痔を全て切除し、縫い合わせるという方法です。
PPH法は痔そのものを切り取らず、周りを切って痔を持ち上げて縫い、痔への血流を防ぐ方法です。PPH法は結紮切除法よりも術後の痛みが少ないのが特徴です。
ジオン注射法は、痔の周辺に「硫酸アルミニウムカリウム」が含まれた薬を注射し、痔核とその周辺の組織を固めて血流を防ぐことで、痔を自然に消滅させていく治療法です。

どんな病気に対しても言えることですが、「病気を早い段階で見つける事」が最も重要な治療法です。早く見つけて早く治療を行えば、現代医学では大半の病気が治るのです。
自分の体ですので、異変には敏感に反応し、決して軽んじないようにして下さい。


⇒ 原因について

⇒ 症状について


sponsored link




【いぼ痔.com】TOP

copyright©2012  【いぼ痔.com】〜原因・症状・治し方〜  All Rights Reserved